前へ
次へ

ピーナッツアレルギーと種実や木の実類

香ばしさとしっかり噛める食感も楽しいピーナッツは、大人のお酒のおつまみにも、子供のおやつにも美味しく食べることができるナッツです。
味わいとハベルに注意が必要なのもピーナッツであり、重篤なアレルギーを起こす可能性も秘めています。
高熱処理を施すことにより、ピーナッツのアレルゲンはもっと強くなります。
加工食品中においても、生命に関わるアナフィラキシーショックを起こす管王性もあるため、アレルギー表示が義務付けられている食品です。
ピーナッツアレルギーを持っている人でも、全ての種実類や木の実類を全て食卓から削除する必要はありません。
ピーナッツの分類は、豆類になります。
栗やクルミにカシューナッツ対は、木の実のナッツ類ではないためです。
対象がピーナッツでアレルギーを起こす場合でも、こうした木の実をはじめ、ヒマワリの種やゴマに待つのみなど、種実類まで全部取り除かなくて大丈夫です。
できるだけ最小限に、取り除くべき食品をとどめられるように、医者に相談をするのも良い方法と言えます。

Page Top