前へ
次へ

アレルギーとはそもそもなんなのか

日本人の20%以上が何らかのアレルギー性疾患を持つ時代と言われています。
ただ、そもそもアレルギーとはなにか、メカニズムがよく理解されていないことも事実です。
この疾患には免疫が関係していますが、免疫は外から体内に侵入してくる細菌やウイルスなどを攻撃して退治するシステムです。
この異物を抗原と言いますが、抗原が体内に入ると免疫は抗体をつくって排除しようとします。
これはとても大切なシステムでこれが無くては生きられませんが、免疫反応が過剰になるとアレルギー反応となって現れます。
例えばスギ花粉などは無害であるはずの抗原なのに、何度体内に侵入に対してもその都度機能が過剰に働き、都合の悪い結果を引き起 こすのです。
これがアレルギー反応であり、抗原のなかでもとくに症状を引き起こしやすいものをアレルゲンといいます。
アレルゲンは世の中にたくさんあり、人によって反応も異なります。
先に挙げた花粉もそうですし、食物や薬物、ハウスダストもアレルゲンです。
体内で作られるIgE抗体によってⅠ型からⅣ型まで4種類に分けられますが、それぞれ発症する病気も異なり、遺伝的体質も関係すると考えられています。
例えば特定のIgE抗体がつくられやすい体質では、アトピー性皮膚炎や気管支ぜん息などが起こりやすいことがわかっています。
ほかにも特定の金属に反応する体質などもあり、生活環境の変化により現代は疾患が増えていると言われています。

Page Top